近藤メガネ相談室
両眼視機能検査 医療用メガネ フレーム レンズ 日本眼鏡技術者協会 SS級認定眼鏡士 日本眼鏡学会会員 近藤正徳
両眼視機能のこと 用途別アイテム フレームについて レンズについて お店について

今のメガネに満足していますか?

豊富な知識と技術で、眼鏡技術者の教育に携わる店長が、あなたの悩みを解決します。

視力などでお悩みの方、こんな症状ありませんか?
  • かすんで見える
  • 見えてはいるが疲れやすい
  • 本を読むと字や行を飛ばすことがある
  • ものがダブって見える
  • 距離感がつかみづらい
  • 球技が苦手
  • 黒板の字を写すのに時間がかかる
  • 根気がなく、仕事や勉強に集中できない
  • 肩が凝る
などなど、快適な視生活を行うには、快適な両眼単一明視(視線合わせとピント合わせ)が必要です。
さらに眼からの情報を脳で解読し手などの器官へ伝える、眼と手(身体)の協調も必要になります。

視線合わせやピント合わせがうまくできない人・眼と手(身体)の協調が低下している人は、単に視力検査をしただけでは、快適なメガネはできません。

視機能検査の行えるメガネ店でお作りください。
新しくメガネを作ったが調子が悪いと訴える方を調べてみると・・・
  • メガネが下がる
  • 鼻部や耳介部が痛い
  • 見にくい

など、フィッティングに問題があるケースと、

  • 近視で強すぎるメガネを掛けている
  • 遠視なのに弱すぎるメガネを掛けている
  • 乱視の度数や角度が合っていない
  • 視線とレンズの光学中心とが合っていない
  • 眼位異常(視線の潜在的なずれ)があるのに補正されていない
  • 遠近両用メガネのフィッティングポイント(水平と高さ)が合っていない

など、度数測定やレイアウト(加工)などに問題があるケースがあります。

 

ページの先頭へ

 

近藤メガネ相談室なら安心です。

 メガネは価格だけでなく「しっかりした技術のある店」でお作りください。

メガネについてのご相談がありましたら、遠慮なくご連絡ください。