各部の名称


フィッティングの重要性


いかに高価なメガネを作っても、フィッティングが拙ければ、その性能は十分発揮されません。
  • 頂間距離(眼とレンズとの距離)

  •  矯正効果、視野の広さ、累進レンズの下方回旋量、網膜像の大きさetc.

     

  • 前傾角(傾斜角)

  •  矯正効果(乱視の発生など)、視野の広さ、累進レンズの下方回旋量etc.

     

  • そり角

  •  矯正効果(乱視の発生など)etc.

     

  • テンプルの開き(側頭部へのあたり)

  •  頂間距離の不揃い、メガネの片寄り、メガネのずり落ちetc.

     

  • 先セル部のあたり(耳介部へのあたり)

  •  耳介部の痛み、前傾角の不適正、メガネの片上がりetc.

     

  • パッドのあたり(鼻部へのあたり)

  •  鼻部の痛み、頂間距離の不適正、メガネのずり落ちetc.

などがあります。
フィッティングができるようなフレームを選ぶことはもちろん、フィッティング技術のしっかりしたお店を選ぶことが大切です。

フレーム選びの注意点

 

フレームは素材・デザインなど様々なものが市販されています。ご自身のスタイルに合ったものを選んでいただければよいのですが、快適にお使いいただくには、光学的な条件を満たすのはもちろんのこと、快適に装用できることが必要です。
 メガネが下がったり、長時間掛けていると痛くなるようでは困ります。デザインだけでなく、自身の顔にベストフィットするようなフレームをお選びください。
 構造的や素材的に、フィッティングがうまくできないようなフレームも多く出回っているようですので、 メガネのかかる位置は適切か、テンプルの長さは適切か、鼻への当たりを 調整できるかなどをチェックして選ぶことをお勧めします。


修理・パーツ交換

新しいメガネを売るだけでなく、大切にお守りします。

愛着のあるメガネ、使えるうちはお使いください。

修理

  合金 チタン
ロー付けのみ 2,800-から 3,300-から
七宝のみ 3,300-から 3,300-から
一色再メッキのみ 3,300-から 3,800-から
二色再メッキのみ 3,800-から 4,300-から
ロー付け+一色メッキ 3,900-から 4,800-から
ロー付け+一色メッキ+七宝  4,800-から 5,800-から
ロー付け+二色メッキ  4,300-から 6,300-から
ロー付け+二色メッキ+七宝 5,300-から 6,300-から

 

パーツ交換

ネジ入れ 1本 100-  
ツーポイント  1本 400-   
K18 1本 4,000-から
ナイロール糸換え  1組 400-   
型直し    200-から
 以上 当店お買い上げ品は無料です。(K18ネジは除く)。
     
パッド交換   セル   1組 200-   
パッド交換   シリコン  1組 300-   
パッド交換   スライド・ワンタッチ・クッション  1組 500-   
パッド交換   K18 1組 8,000-から
先セル交換  セル・アセチ  1組 500-から
先セル交換  シリコン   1組 800-から
先セル交換  鼈甲   1組 別途お見積もり
ネジ抜き   1,000-から