フレームの素材

プラスチック

セルロイド・アセテート・プロピオネートなどがあります。

 

一般的に「セル枠」と呼ばれていますが、セルロイドのものは少なく、アセテートなどが多いようです。

鼻の形状とフレームの鼻当てとがうまくフィットしているものを選ばないと、メガネがずり下がったり、レンズに睫毛が当たったりすることがあり、鼻当て部分を改造しなければならないことがあります。

メタル

 

金属素材を用いたものをいいます。高価なものでは金( 18 Kや 14 K)やプラチナがあります。
以前は銅合金やニッケル合金が多かったのですが、現在は軽くてさびにくいことからチタンが普及しています。

ニッケルとチタンを主成分にしたNT合金は、超弾性とか形状記憶合金と呼ばれるもので、型崩れしにくいことを謳い文句にテンプルなどに使われることがありますが、側頭部の形状とテンプルの形状とがフィットしていないと、かえってずり下がりやすいメガネになってしまいますので注意しましょう。

天然素材

 

代表的なものにタイマイという海亀の甲を使った鼈甲があります。他に水牛の角や木などを用いたものも作られています。