フレームの形状

単体フレーム

フレームの主要部が同一素材で作られているものをいいます。

プラスチック枠・メタル枠などに大別され、さらにセルロイド枠やアセテート枠などに細分化されます。

 

コンビネーションフレーム

 

フレームの主要部にプラスチックとメタルなどの複数の素材が使われているものをいいます。

リムがプラスチックでできている一つ枠やリムが金属でできているブローライン枠などがあります。

溝掘り枠

 

ナイロールとかハーフリムなどと呼ばれ、フロントが金属もしくはプラスチックまたはその組み合わせで作られたもので、レンズに溝を掘り、ナイロン糸などでレンズを保持するものです。

縁なし枠

 
 

ツーポイントや穴あけなどと呼ばれているもので、レンズに穴を開けてネジで保持するものやレンズと智を接着剤で止めるものがあります。

前者はネジが緩むとレンズががたつくことがあり後者はレンズ交換の際メーカーに送って作るため日数がかかってしまうことがあります。

跳ね上げ枠

 
 

アルバイト枠とも呼ばれ、フロント部分が跳ね上げ式になっているものです。単式と複式とがあります。

遠近両用レンズに慣れない人で遠くも近くも見たい人にお勧めですが、メガネが重くなるという欠点があります。

特殊なフレーム

 
コンパクトに折りたたみのできるもの(六つ折れなど)やフロントの前や後ろに掛ける掛け枠(前掛けや内掛け)・中世の貴族などが使っていた手持ち式のもの(ローネット)などがあります。

 

強度用フレーム

 

強度用フレームには、リムを太くしてレンズの厚さを隠すタイプのものと、玉型をなるべく小さくし、かつ瞳の中心と玉型の中心が なるべく一致するように設計されたフレームとがあり、後者のタイプのものを使用することにより、レンズが薄く軽くなります。

 

写真 上: 太リム
  下: 通常リム

 

 


上記は二つとも鼻幅を広く玉型を小さくしたタイプ