パソコン用メガネは多種多様。老視年齢以前の方でも、長時間近くを見る場合は、少し弱めの度数(近視の場合)の方が楽に行えます。
パソコン専用メガネであれば単焦点レンズでお作りできますし、常用するのであれば、レンズ下方にファンクションエリア(近視の場合は少し弱めの度数)を持つレンズで、快適な視界を得られます。


   

 


老視世代の方でも、パソコン(近業)用としては、単焦点レンズ(老視初期の人に限る)・中近累進レンズ・近用累進レンズがあります。
一口に近用累進レンズといっても、その設計は幾種類もあります。

パソコンはデスクトップなのかノートパソコンなのか。パソコンが置かれているのは、壁際なのか周りが見渡せる場所なのか、モニターを見るのは正面視なのかやや下方視なのか等などによって、適切なレンズタイプをお選びします。

 

 

各種近用累進レンズの見え方(イメージ)