レンズの種類

高屈折率レンズ

レンズの厚みは、レンズ素材の屈折率が高くなるほど薄くできます。しかし、屈折率が高くなるほど、高価になりますし色収差(にじみ)を感じやすくなります。弱い度数でも高屈折率レンズを勧めるような店は要注意です。度数の強さによって適正な屈折率のレンズを選びましょう。

球面レンズと非球面レンズ

球面レンズではレンズ周辺部の収差により、ボヤケや歪みを感じやすくなりますが、非球面設計することにより改善されるとともにレンズの厚みも薄くすることができます。

非球面レンズは、次のような方にお奨めします。

・乱視の強い方

・薄くて軽いレンズをお求めの方

・レンズから見えるフェースラインの歪みが気になる方

球面設計と非球面設計では、レンズ周辺部で度数がわずかに異なるため、球面設計のレンズから非球面設計のレンズに替えた場合、少し違和感があることがありますが、装用しているうちに慣れていきます。

非球面がレンズ前面についているものと後面についているもの、両面とも非球面になっているレンズがあります。

 

 

 

 

フェースラインのユガミ
違いを分かりやすくするため、同一素材ではなく、CR素材球面設計と高屈折率素材両面非球面設計で比較しています。

単焦点レンズと多焦点レンズ

近視や遠視などを矯正するもので同一度数からなるものを単焦点レンズといいます。ひとつのレンズに、遠く用の度数と近く用の度数がついているものを多焦点レンズとか遠近両用レンズと呼んでいます。詳細はこちら

調光レンズ

紫外線の照射により、レンズ内のハロゲン化銀が分離し着色するものです。光の照射が止むとレンズの色は元に戻りますが、すぐには戻らず少し時間がかかります。ドライブ中のトンネル走行では、暗くなりますので注意が必要です。

片方だけのレンズ交換では、経年変化により、色が合わなくなりますので、両眼取り替える必要があります。

調光レンズのことを「変光レンズ」と呼ぶ人がいますが、これは間違いです。「へんこう(偏光)レンズ」は次のものをいいます。

偏光レンズ

路面や水面などのギラギラした反射光は、特定方向に振動を持つ光(偏光)になっています。偏光レンズは構造がブラインドのようになっており、これを使用することにより偏光を防ぎギラツキを抑えます。路面の逃げ水現象や水面のギラツキを防ぎますので、ドライブや釣りなどに適しています。

 

 

 

 

防曇レンズ

レンズ表面に施した特殊コートにより、レンズが曇りにくくなりました。寒暖の差がある所でのお仕事の方などに最適です。週に一度ほど専用クリーナーの塗布が必要です。

 

遠近両用レンズ

ひとつのレンズに、遠く用の度数と近く用の度数がついているものを遠近両用レンズといいます。それぞれに長所と短所があり万能のメガネではありません。 使用目的に合わせてレンズをお選びください。

用途に合わせた複数所持をお勧めします。

 

 

二重焦点(バイフォーカル)レンズ

遠くの度数と近くの度数とが境界線で区切られているものです。境目がわかるため見栄えはよくありませんし境界部ではボケて見えますが、遠くと近くは視野が比較的広くハッキリ見ることができます。

遠用と近用の間に中間用の度数を入れた三重焦点(トライフォーカル)レンズもあります。

 

汎用累進屈折力レンズ

境目がなく若々しく見えますし、掛けはずしなしで遠くから近くまでスムースに見ることができ、たいへん便利なレンズです。レンズ側方部で見ると若干歪んで見えたりユレを感じたりすることがありますが、数日から数週間でお慣れいただけます。

遠方重視のものから近方重視ものまで、様々なタイプのレンズがあります。

近くの度数がレンズ下方についていますので、長時間の近業には不向きといえます。

 

 

 

中近累進レンズ

室内用で、真直ぐ見たときは中間用の度数で見ますので中間距離が見えます。視線を下げると近用度数を通して近くが見えます。遠用度数はレンズの上方に付いていますので上目づかいにすると遠くが見えます。

汎用タイプより近用の視野が広く見やすくなっています。

常用としては使用できず、室内での仕事や家事をするのに最適なレンズです。

 

 

 

近近累進レンズ

 

老眼鏡では見える距離が狭いため、それより少し遠くまで見ることができるように設計された近く専用レンズです。

中間距離や遠くを見ることなく、パソコンや読書など長時間近業を行うときに便利です。