両眼視機能検査

片眼ずつの視力が良くても両眼でものを見る働き(両眼視機能)が低下していると、立体感に狂いを生じたり疲れたりします。
両眼単一明視(視線合わせとピント合わせ)がスムーズに行われていないと、主に次のような症状があります。

などなど様々な症状があります。
これらの症状は、メガネで解決できることもありますし、トレーニングによって改善されることもあります。
単に視力検査をしただけでは、快適なメガネはできません。
メガネをお作りになるときは、価格だけではなく、「視機能検査を行えるしっかりした技術のあるメガネ店」をお選びください。

 

深視力検査

深視力とは、両眼視機能のうち最も高度といわれている立体視にかかわるもので、二つの点の遠近を識別できる立体視差の最小値をいいます。

自動車運転免許で実施されている深視力検査は、三桿法(三桿計)といって、左右の固定された桿と中央に一定の速度で移動する桿の三桿があり、中央の桿を前方から後方へ移動させたり、後方から前方へ移動させ、三つの桿が並んだと思ったところで止めるというものです。

固定桿から 2.5 mの距離から見て、 3 回行い、その誤差平均が± 2cm 以内であれば合格です。

深視力測定器

 

←試験場で使用しているもの

当店で使用しているもの→

深視力検査(三桿法)は、精密な両眼視機能が備わっていないと合格することが難しくなります。

  1. 眼疾患などにより片眼の矯正視力が極端に不良な場合
  2. 斜視や弱視などにより両眼視機能が喪失している場合
  3. 片眼ずつの視力は良好であっても、完全抑制(両眼で見ているつもりでも脳では一眼の視覚情報しか取り入れていない)がある場合
  4. 左右の視力や矯正度数に大差がある場合
  5. 裸眼または使用中のメガネでの視力が不良の場合
  6. 斜位などにより両眼視機能が低下している場合
  7. 深視力検査に慣れていないため

などがあります。

1〜3までの方は残念ながら合格する確率は極めて低くなります。

4〜6の場合は適切なメガネやコンタクトレンズを装用することによって合格しやすくなります。

7の場合は、何回か練習し三桿法の要領さえ分かれば合格することができます。

深視力についてのご相談は、当店または深視力計を設置しているお近くの「深視力メガネ研究会会員店」へお尋ねください。

視知覚機能トレーニング ジョイビジョン名古屋

これらの機能は、眼疾患等がなければ、トレーニングすることにより向上します。
お困りごとがありましたら、視覚機能研究会(http://www.joyvision.biz/shikaku_study.html)のメンバー店にご相談ください。

当店では、初回時に通常の両眼視機能検査に加え、原始反射の有無や図形認知・眼球運動などの検査を行い、それぞれの症状に合ったトレーニング法を指導します。